7月10日の研究会報告と次回研究会について

こんばんは。3年の矢吹です。
先週の金曜日にあった研究会の報告をします。


7月10日の研究会は、4年生の加地さん、権さんによる題目発表でした。


加地さん 「井上ひさし研究――被爆体験を語り継ぐこと(仮)」

実際の被爆者ではない、広島や長崎からは遠い山形で生まれた作家井上ひさしが原爆文学を書くことをどう評価すべきか、
「継承」をテーマに取り扱うのなら映画『父と暮せば』も扱うべきでないか、
章立てが多いので五つ程度になるようまとめてはどうか、
などの意見が出ました。
個人的に、レジュメにあった『父と暮せば』の竹造の台詞「あほたれのばかたれ」がじんわりと面白かったので、夏休みに読んでみたいなと思いました。


権さん「江戸川乱歩研究―『白昼夢』、『人間椅子』、『芋虫』から見る「異常性愛」」

探偵小説というジャンルでは物語のスパイスとして扱われることの多い「愛」というテーマをあえて掲げ、探偵小説を読解することの意義をしっかり説明するとよいのでないか、
「ユルシテ」や「ユルス」といった愛の形の名称を独自に設定していることを明確にすべきでないか、
第三章のウェイトが重くなりすぎるため章立てに改善の余地がある、
などの意見が出ました。
個人的には、「性愛」と「愛」はイコールなのか? という疑問を持って興味深く発表を聞きました。


今週の金曜日、次回の研究会は引き続き4年生による題目発表です。

永原さん 火野葦平(?)について
矢澤さん 笙野頼子について

上記の発表をしていただく予定です。
よろしくお願いします。


最後にたいへん私事なのですが、最近来週の金曜日のことを考えています。
来週の金曜日は7月24日。つまり河童忌……
しかし来週の金曜日は月曜日の授業日程なので、このよき日(?)に研究会はおやすみです。
ざんねん。


先週、今週、来週と出そろいましたので以上でおわります。
長々と失礼いたしました。

広告を非表示にする