10月20日の研究会について

こんにちは。現代文学研究会4年の橋本です。

 

10月20日の卒業論文中間発表プレでは

本格ミステリ論」

と題し、その第二章第三節である

「青崎有吾の出現」

の部分を発表します。

 

取り扱うテキストは主に青崎有吾の

『図書館の殺人』(2016年1月 東京創元社)

です。物語に具体的に踏み込むことはせず、この作品の構造自体に着目し、潜むサブカルチャー的影響を分析するのが主な目的のため、特に事前準備は必要ありませんし、本文配布も特にいたしません。

 

今日からセ・リーグではCSファイナルステージが始まり、ペナント優勝した広島東洋カープは1stステージを勝ちあがった3位の横浜DeNAベイスターズと対戦します。チケットの当選倍率が一説によれば50倍以上らしく、私も例に漏れず落選しました。中間発表を早めにまとめ上げ、気楽な気持ちでテレビ応援をしようと決め込んでいたのですが、今のところ終わりが見えません。がんばります。

 

長々と失礼いたしました。当日は貴重な批判、意見、質問等浴びせてやってください。

10月20日の研究会について

おはようございます。4年の秦です。

 

長らく放置していた虫歯が耐えがたく痛むので、先日、歯医者さんに行きました。やはり親知らずの状態がかなり悪いということで、後日、抜く予定です。親知らずを抜く、って、なんだか穏やかでないイメージをもっているのですが、どうなのでしょうか……もし経験者の方がいらっしゃったら、次の研究会で励ましてください(笑) いつかできるから今日はええやろ、と先延ばしにしてきた自分が悪いですね。

 

20日の研究会でも、先週に引き続き、4年生の卒論題目発表をします。担当は秦と橋本で、秦の題目は、

 

「いじめ文学」試論(仮)

 

です。今回は、重松清の作品を中心に論じていきます。取り扱う、または触れる作品は、

 

「ワニとハブとひょうたん池で」(『ナイフ』所収、新潮文庫

「青い鳥」(『青い鳥』所収、新潮文庫

『十字架』(講談社文庫)

 

の予定です。本文の配布はしません。

 

乃木坂46の新曲のように、「いつかできるから今日できる」という気持ちで頑張っていきます。親知らずは抜いても手は抜きません!

10月13日の研究会について(追加)

こんにちは。毛利です。

連絡が遅くなって申し訳ありません。

金曜には向田邦子について発表を行います。

特に資料等は配布しませんので、よろしくお願いします。

10月13日の研究会について

こんにちは。四年の村上です。


10月13日の研究会では四年生のプレ発表を行います。

発表者は村上、毛利です。

村上の発表で主に使用するテキストは、


桜庭一樹『私の男』(2010年4月、文春文庫)


です。

事前に配布する資料や準備物はありません。

よろしくお願いします。

では、失礼致します。