10月11日研究会報告

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。3年松岡です。

酒都西条では週末に「酒祭り」が行われます。酒蔵を回りながら、たくさんの出店やステージ企画を楽しめます。その「酒祭り」内の「kizuna会場」と呼ばれる会場があるのですが、そのステージに上に吊ってある小さい提灯、私が固定しました。もしよろしければ誰か台風の風で提灯が飛ばされていないか見てみてください!

 

さて、10月11日の研究会では、「卒業論文中間発表プレ発表」として4年生の東さんと、神垣さんが発表をしてくださいました。

 東さんは、村上春樹作品に登場する「図書館」表象を時代順に辿り、その特徴や変化を明らかにすることを卒業論文の目的として、これから研究を進めていくことを発表してくださいました。

 神垣さんは、田村隆一の戦後十年間をまとめた詩集『四千の日と夜』を今日的な読みを通して、戦後七四年たった現在、どのような解釈と評価ができるのかを考察していくことを目的に研究を進める旨を発表してくださいました。

 

 発表後の質疑応答の中で、卒業論文として進めていくうえで、その研究になんの意義があるのか、誰に、何にとって得があるのか、そういったことを考えていくことが重要であることを覚えておきたいです。

 

来週10月18日は4年生の稲垣さんと吉崎さんが「卒業論文中間発表プレ発表」をしてくださいます。稲垣さんは宮部みゆき作品について、吉崎さんは京極夏彦作品についてになります。準備物は特にないそうです。

 

それでは、失礼します。

 

10月11日の研究会について

こんにちは。4年の東です。

ブログ更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

次回の研究会から、4年生の卒論中間発表会のプレ発表を行います。

依田さんが前回のブログで書いてくださったように、10月11日は東・神垣が発表します。

東は村上春樹、神垣くんは田村隆一をテーマに行います。

特に準備は必要ありません。

 

私個人としては前期から引き続き「図書館」に注目しようと試みているのですが、絶賛迷走中で行ったり来たりしています。皆さんのご意見も踏まえてひとまず11月の中間発表に向かいたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

10月4日の研究会報告

こんばんは。3年の依田です。更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
夏休み中に4ヶ月ぶりに長野に帰りました。何とか帰省中に軽井沢に行きたかったのですが、夏場は交通渋滞がひどいため断念しました。軽井沢にある文学館や記念館の多くは冬季休館となってしまうため、次に機会があるのは春休みでしょうか。

 

さて、10月4日の研究会ですが、M2の秦さんの発表がありました。梨木香歩西の魔女が死んだ』を、不登校を扱った小説としてどのように考えることができるのかを論じてくださいました。個人的には、今まで”まい”に焦点化していた語り手が、”おばあちゃん”に焦点化する、という点に興味を引かれました。

 

次回の研究会は4年生の東さんと神垣さんの発表があります。

まだ少し夏休みが恋しいですが、気を引き締めて後期の授業も頑張っていきたいと思います。
それでは失礼します。

〔注意〕10月4日(金)の研究会は、教室変更(B253教室)します。

有元です。

後期から、日文に、DALMI KATALIN (ダルミ・カタリン)先生が助教として着任されました。
ダルミ先生の専門は日本近現代文学で、特に村上春樹を研究対象とされています。

現代文学研究会と近代文学研究会の会員には、後期の第1回の研究会(10月4日(金)7・8限)の冒頭で、ダルミ先生をご紹介し、今後のことについても説明をしますので、B253教室に集合してください。

その後は、各研究会ごとに通常の活動を行います。

現代文学研究会は、そのままB253教室で、秦くんの院生発表会プレを行います。
ですから、10月4日はA402に椅子を運ぶ必要はありません。