2024年5月14日研究会報告

はじめまして!新3年生の沖野です。

今年度の3年生は私、平野さん、本田さんの3人です!
みんな仲良く楽しく更新を続けたいと思います!よろしくお願いします!

 

2024年5月14日研究会報告

 

先週から引き続き4年生の先輩方による卒業論文の題目発表でした。


本日の研究会では、入川さんが題目発表をしてくださいました。

現代ホラー小説をテーマに、年代ごとで1人の作家に注目し小説史の補完と描かれる「恐れ」の変遷を目指す研究です。扱う作品がとても丁寧に分析されていて、普段ホラー小説を読まない私でもとても面白く発表を聞かせていただきました!澤村伊智『予言の島』で「田舎ホラー」作品が相対化されているという指摘は自分ではたどり着けないもので驚かされ、同時にオリエンタリズム的観点で書かれているという指摘にとても納得しました。

質疑応答では、年代ごとに扱われる作家の選出指標やオリエンタリズム以外の視点、読者がホラー小説に何を求めているのかなど様々な質疑が行われました。質疑の中で自分たちが幼いころに児童向けの雑誌でホラーが連載されたりホラーを題材とするアニメが流行ったという話題が出されたのですが、私はホラーが苦手だったのでそういうものを全部避けてきたなと一人懐かしくなっていました……。少しでも読めばよかったな……。


ブログの更新もできない自分が来年先輩方のようになれるのかと不安がつのるばかりですが、今日から頑張ります!!!

 

次回2024年5月21日の研究会は4年生の關さんの題目発表です。