11月11日の研究会報告

こんにちは、三年の吉村です。

11月も早いものでもう半分が過ぎ、あっという間に年末です。つい最近まで街や商業施設にはハロウィンの飾り付けがされていたのに気づけばクリスマスのイルミネーションに姿を変えていました。寒さや日が落ちる速さなんかより、案外こういうことの方で季節の移り変わりを実感させられることもあったりします。

11月11日の研究会では三年の今浦さんがプレ発表を行いました。
重松清の「ナイフ」について、作中の引用や他作品との比較を交えて、作品に描かれている登場人物たちの「弱さ」に注目して論じていました。作品をテーマについて細かく分析した非常にわかりやすくまとまった発表で、質問や意見も多く出された有意義な研究会だったように思います。
今浦さん、お疲れ様でした。

そろそろマフラーや手袋といった防寒具が必要な季節になってきました。特に朝夕は気温が大きく下がりますので、皆さんも体調を崩さないようお気をつけください。かくいう私は昨日から喉が痛く、どうやら風邪を引いたようです。電車の中で口を開けて寝たのが悪かったかな笑
それでは、失礼いたします。

広告を非表示にする