11月4日の研究会報告

こんにちは。三年の毛利です。

土曜日曜は学祭でしたが、皆さん楽しまれたでしょうか。
僕自身は演習準備が進まないやら、風邪がなかなか治らないやらで、学祭を楽しむどころではありませんでしたが、本郷奏多だけは拝みに行きました。めちゃくちゃ足が細かったです。世の中って残酷だなって思いました。

さて11月4日の研究会では三年生の吉村くんが、研究発表会のプレ発表を行いました。
吉村くんは「『四畳半神話大系』における幸福」と題して、森見登美彦の作品について論じました。
今回の発表は、先行研究等少ない中、吉村くんなりに『四畳半神話大系』を分析考察し、非常に興味深い内容でした。また先輩方からもさまざまなご意見を頂き、活発に意見交換がなされ、全体的にも良い雰囲気で行われた研究会でした。
吉村くん、お疲れさまでした。

さて先日、とある神社の前を通りかかった時に、どんぐりが大量に落ちているのを見つけました。
気がつけば月めくりのカレンダーもあと二枚を残すのみとなりました。
寒さも厳しくなってきましたので、体調にはくれぐれもお気をつけください。それでは失礼いたします。

広告を非表示にする