イベント2つ

おはようございます。有元です。


関さんも書いてくれていますが、今日の研究会後に、希望者で演劇ユニット体温の「父と暮せば」公演を見に行きます
井上ひさし・作、中井敏哉・演出、19時〜、アステールプラザ多目的スタジオ)。
加地さんが卒論題目発表会で扱う作品です。

今日が都合が悪い方も、この週末もありますので、どうぞ。
・7月11日(土)14時30分〜、19時〜
・7月12日(日)11時〜、14時30分〜
劇団ホームページ


また、明日11日(土)には、広島大学国語国文学会の大会が開催されます。
(10時〜17時10分、B251教室)
皆さんも学会員です。ぜひ参加してみてください。
日文ホームページに案内がありますが、ここにもプログラムを貼っておきますね。

−−−−

   広島大学国語国文学平成27年度研究集会

と き  平成27年7月11日(土)
ところ  広島大学文学研究科 B251講義室

第1部 (10:00〜12:10)
○王暄「日本漢文と中国文語文に於ける人称代名詞「吾」と「我」」
○呂衛清「現代中国語にみられる日本語由来の外来語―「控(コン)」の基本語化に関する一考察―」
○魏維「清末の日本語教科書からみる日本語教育―『寄学速成法』を通して―」
○出木良輔「明治四〇年代、教育界のなかの〈文学〉─〈田舎教師〉の欲望をさえぎる─」

・総会(12:10〜12:30)

第2部 (13:30〜14:30)
○魏冰冰「「よしなしごと」の世界―『遊仙窟』と比較して―」     
○于君「『太平記』に描き出された武士像―「恩」という言葉から―」  

(休 憩)

第3部 特別研究発表(14:40〜15:40)
金愛蘭「文章構成機能からみる「外来語の基本語化」―20世紀後半の通時的新聞コーパスを資料として―」

第4部 公開講演会(15:50〜17:10)
樫原修「私小説概念の問題と私小説研究」

広告を非表示にする