5月16日の研究会の報告

こんにちは、三年の矢澤です。
5月16日の研究会について報告します。
今回は三年の永原くんと板谷くんによる読書会でした。
永原くんは石川淳の「焼跡のイエス」、板谷くんは川端康成の「死顔の出来事」を取り扱いました。

まず、「焼跡のイエス」では、以下4つのポイントが挙げられました。
・この作品の主題について
・「焼跡闇市」という空間
・なぜ少年をイエス・キリストに見立てたのか
・「わたし」の少年に対する認識の変化
これらのポイントから、
・焼跡になった日本の再生の可能性を示している
・旧来のもの(太宰春台)に従いに行くことを少年に妨害されてしまったことの意味
・政治的に規定されていた場としての闇市
・神であった天皇が人間になり、孤児の少年が神になるという皮肉
・戯作文学の影響
坂口安吾堕落論」との共通点
など他にも多くのの意見が挙げられました。

「死顔の出来事」では、
・妻の死は「彼」によるもの
・妻の死は「妻の妹」によるもの
という二種類の考察が挙げられ、
・「彼」の感情が描かれていないことについて
・死体を物として扱う「彼」と、人間として扱う母の認識の差
・タイトルの「出来事」の意味
・初出である『金星』という雑誌の性質はどのようなものだったか
などの視点からも意見が交わされました。

来週5月23日は有元先生出張のため研究会はありません!
次回5月30日は権くんによる読書会です。
取り扱う作品についてはまたお知らせします。

広告を非表示にする