11月15日

こんばんは^^
中島です。
11月15日の研究会では、加川さんによる3年プレ発表が行われました。
その報告をさせていただきます。

発表題目:「春と修羅」「雨ニモマケズ」にみる賢治像
      〜デクノボーに「なりたくなかった」賢治

宮沢賢治は、その手記の中で「デクノボー」になりたいと記しているが、一方では「おれはひとりの修羅なのだ」と詩集の中で自らを形容している。「デクノボー」と「修羅」とではその性質が大きく異なるが、果たして同じ人間がこうも自分を変えるものなのかということについて、論が展開されていました。
質疑応答では様々な意見や疑問が飛び交い、とても面白く聞かせていただきました^^
加川さん、本発表に向けて頑張ってください!!

次回の研究会では塚原さんと藤井さんによる3年プレ発表です。
楽しみにしております!

広告を非表示にする