6月28日研究会

こんにちは!3年生の西沖です。前回28日の研究会について報告します。
前回は3年生の中島さん・高島さんによる読書会で、それぞれ以下の作品が紹介されました。

中島さん:よしもとばなな「デッドエンドの思い出」
高島さん:阿刀田高「白い犬」

最初に中島さんの「デッドエンドの思い出」について質問、意見の交換をしました。主な内容については以下の通りです。
・タイトルの「デッドエンド」について
よしもとばなな他作品との比較、ばなな作品の特徴
・西山君の人間性について
恥ずかしながらよしもとばななは読んだことがなかったのですが、ばなな作品は本人の経験をもとに書かれている部分も多いとのことで、一時は彼女に共感した女の子たちから絶大な支持を受けていた作家だそうです。今も読んでいる人けっこういるように思います。今回の作品は、なんというか見返りを求めないサラッとしたオトナの恋愛という感じがしました。
次の高島さんの「白い犬」で出た意見等については主に以下の通りです。
阿刀田高作品の「怖さ」について
・少年の正体とは?
・「私」は何故伊豆にいるのか?
以前ブックトーク星新一作品が紹介されていたときに、同じショートショート作家でも星新一より「怖い」作家として挙げられていた阿刀田高の作品です。今回の「白い犬」も完全には解釈しきれず謎の残る作品に思えました。ちらっと紹介されていた「青いハイヒール」も恐ろしかったです。

以上で報告おわります。最近は暑かったり寒かったり晴れたり雨降ったりへんな気候ですが、皆さん体調には気をつけていきましょう!

広告を非表示にする